【絶品】あん餅入り雑煮のレシピ。食べてないひとは人生損してるかも!




新年あけましておめでとうございます!

早速ですが、お雑煮もう食べましたか?
お雑煮と一言でいっても、全国各地で色々違いますよね!

お味噌の違いや、出汁の違い、あとはお餅を焼いて入れるのか、そのまま入れるのかなどなど。
ちなみに、わたしの家ではお雑煮に【あん餅】入れます!!

えー 気持ちわるって声が聞こえてきそうですけど、これがもう絶品なんです。

一度食べたらヤミツキになること間違いなし!と声を大にして言いたいくらいです。

お雑煮にあん餅と言えば、香川県が有名なのはご存知でしょうか?白味噌ベースのお汁に、あん餅をいれるようですね。

わたしは、愛媛在住で香川県から近いところに住んでいるからか、小さい頃からお雑煮にあん餅は必ず入っていましたし、それが当たり前でした!

むしろ普通の白いお餅よりも、存在感大でしたね。

愛媛県もどこの家庭でもお雑煮にあん餅を入れるのかと思いきや、友だちや同僚の家では普通の白餅しか入れてないという事が判明して、逆に驚きました。

↓うちのお雑煮はこんな感じです↓

お雑煮

見た感じ普通のお雑煮ですね、はい。しかし、あん餅が下に隠れているんです。

餡餅入のお雑煮にチャレンジしてみたいと言う方のために、簡単なレシピをご紹介したいと思います。

ちなみに、うちのお雑煮は餡餅入りですけど、白味噌ベースではありません。

うどんスープを使ったレシピ

先に言っておくと、うちのレシピすごく簡単です!

まず、お汁のベースになるものは、だしの素とうどんスープです。笑

↓子供の頃から家のお雑煮はこれでできています。↓

だしの素とうどんスープ

【入れるもの4人分】

  • 大根・人参・白菜・春菊
  • カマボコ
  • お餅
  1. 鍋にお湯を沸かして、火の通りが悪い野菜から入れていく。
  2. だしの素1袋と少し、うどんスープ約2袋を鍋へ入れる
  3. 味が整ったら、白餅を先に鍋へ入れる(白餅も食べたい人)
  4. 少し時間を置いて、最後にあん餅を入れる
  5. お餅が柔らかくなったら、カマボコを置いて盛り付ける

気をつけたいポイント

あん餅入りお雑煮

わたしの家のレシピでは、白餅も餡餅も焼かずにそのまま鍋に入れます。

特に、餡餅はすぐに柔らかくなるので、まだ少しかたいかも?と思うくらいの段階で取り出してください。

そうしないと、すぐに鍋の中で餡が溶け出してドロドロになります。

ちょっとかたいうちに、器に移すとことによって食べる頃にはちょうどよくなるんです。
写真の通り、すでにあんこさんが顔を出して何やら主張していますよね。

お汁も甘くなるのか?

答えは、NOです。

確かに、食べる時にあんがお餅から出てきて、お汁に少し溶け出しますけど、だし汁まで全体的に甘くなることはありません。甘いのは、餡が溶け出ている部分だけです。

しかし、あんが出てきた状態で何十分も食べずに放っておいたら、全体的に甘くなると思いますが、普通なら作ったらすぐに食べますよね、お餅も固くなりますし。

味の感想は、あの餡こがお汁に溶け出ている部分がとても美味しいのです。

だし汁の味と、餡この甘さが合わさり、表現が古いかもしれませんがホッペが落ちるとはこのことを指すのでしょう。

そして食感も、白餅ほどベトベト口の中や喉にくっつく感じや柔らかさが少ないので、喉に詰める危険も白餅ほどはないように思います。

お雑煮に入っている白餅ってすごく柔らかいからか、わたし飲み込むタイミングがよく分からなくて毎回喉に詰まらないかドキドキしながら食べています。笑

そういう理由も加わって、白餅なんか味もないし、いらないって思うくらいです。

ちなみに、白味噌では食べたことないので、どんな味がするのでしょうか?
一応、気になりますね。

まとめ

お正月にお雑煮の失敗をしたくないってかたは、普段の日に餡餅を買ってきて試しに作ってみると良いかもしれません。

去年、同僚にあんもち入のお雑煮を教えてあげたら、その方の旦那さんがハマってしまったらしく、これからはうちの雑煮は餡餅で行くぞ!と言われたそうです。笑

もしも、甘党のかたなら本当に1回試しに作って食べてみて欲しいです。

何回も言いますけど、めちゃくちゃ美味しいんです!!!
もしよければお試しあれ〜