Mac

【Mac】押せなかったトラックパッドが6ヶ月ぶりに直った話!!

みなさん、こんにちは!
本格的な夏に突入し、すでにバテ気味の当ブログ管理人はにーと申します。

絶不調なのは、わたしのMacちゃんも同じでして、またまた修理に出すことになりました(泣)

前回は、2月に修理に出しているので約6ヶ月ぶりということになります。
まだ購入して2年も経過してないのに、こんなに故障続きでハズレ品でも引いたのかしら?と真剣に考えてしまう今日このごろです。

で、前回ですね、感圧トラックパッドが押し込めない不具合が発生し、修理に2回出すも改善されないという記事を書いたんですけど、今回やっと感圧トラックパッド直りました!(>ω<)

【Mac】の感圧トラックパッドが押し込めない不具合が発生!2回修理に出すも直らず先日、愛用中のMacbook proの感圧トラックパッドが押せない不具合が発生。 1年4ヶ月前に購入したMacbook pro20...

最近、やけにトラックパッドが押し込めないという記事の閲覧数が多いので、ご報告と今回の不具合に関して簡単に書いていこうかなとおもいます。

ちなみに、今回発生した不具合はトラックパッドではありませんよ!

いきなり発生したカーネルパニック

MacBookPro2017 13インチ
Mac OS high Sierra バージョン10.13.6

症状が発生したときのOSは↑の通りですが、今回修理から戻ってきてようやくMojave 10.14.6にアップグレードしました。

前日まで普通だったのに、いきなり何の前触れもなくカーネルパニックが発生。

1回目は、確か充電しながら映画観ていた時ですかね。
急に静止画になったと思ったらいきなり再起動が始まって【問題が起きたためコンピューターを再起動しました。このまま起動する場合はいずれかのキーを押すか、数秒間そのままお待ちください。】というメッセージが出現しました。

前回、2回目に修理に出した原因がカーネルパニックだったので、このメッセージ見たときはあのときの光景が蘇り完全にガクブルですよね(笑)

この時まず行ったのが、強制再起動。
【コマンド+コントロール+電源ボタンを同時に押す】

お願い直って!!という願いも虚しくまた出現した例のメッセージ。

セーフモードでの起動も試みましたが改善なし。

もうこの時点でカナリげんなりしてましたけど、放っておけないので次の手段となるSMCリセットとPRAMクリアを行いました。

機械オンチなので詳しい説明はできませんが、SMCリセットとPRAMクリアはMacで不具合が発生したとき、試してみるべき対処法のようです。

SMCリセットの方法

  1. Macをシステム終了させる
  2. shift+control+optionキーを押しながら電源ボタンを押す
  3. 10〜15秒そのままにして、その後すべてのキーから指を離す
  4. 電源ボタンを再度押して、電源を入れる

PRAMリセットの方法

  1. Macをシステム終了させる
  2. 電源ボタンを押したらすぐに、option+command+P+Rを同時に長押しする
  3. 画面が一度起動したあと、切れたのを確認
  4. 再び画面が点灯したら、すべてのキーから指を離す

とりあえず、↑の対処法を行って一旦は直りました。

ですが、安心したのも束の間、それから2日に1回のペースでカーネルパニックパニックが発生するようになりました。

マジで勘弁してくれー(T_T)
この頃になると、もはや嫌な予感しかしませんでしたね(笑)

OSの再インストールと延々カーネルパニック

2日に1回のペースで発生するカーネルパニック。
1回発生すると、ちょっとやそっとじゃ収まらないくらい悪化していました。

ということで、仕方なくOSの再インストールを行うことにしたんですけど、これが引き金となり、カーネルパニック止まらなくなりました(笑)

強制再起動やSMC、PRAMリセットなんかもう全く効かない状況だったので、開き直って笑っちゃった。やらなきゃいけない事が山積みのときに限ってこのザマよ。

あっそういえば!どの段階だったか忘れたけど、自分で故障診断も行ったけど異常なしだったんですよねー。

で、もうどうにもならなくなっちゃったので、ここでアップルサポートに電話することにしました。

アップルサポートへ電話

アップルサポート電話番号
0120-277-535

営業時間
am9:00〜pm9:00まで
土日も夜9時まで対応してもらえます。

前回の記事にも書きましたが、電話する前に製品情報(Mac OSのバージョンや製品番号シリアル番号)などをノートなどにメモしておくと会話がスムーズに進みます。

【Mac】の感圧トラックパッドが押し込めない不具合が発生!2回修理に出すも直らず先日、愛用中のMacbook proの感圧トラックパッドが押せない不具合が発生。 1年4ヶ月前に購入したMacbook pro20...

今回も、ほぼ待たされることなくオペレーターのお兄さんに繋がりました。

一通りの説明をしたあと、指示に従いなんとか初期化することに成功。
この時、『もしかしてこれで直るんじゃない?♪』と微かな希望にワクワク。

しかーし!
微かな期待も虚しく、またカーネルパニック出現。(マジでしつこいわ!!!怒)

二人して何度も出現するカーネルパニックにうんざりしながらも、なんとかOSインストールの画面にこぎつけましたが、オペレーターのお兄さんここである事に気付きました。

『あっ、この方法だと最新バージョンのCataliaインストールしちゃうな・・・・』

機械に疎い私でもCatalinaの評判の悪さは知っていたので、その言葉を聞いた時は、まさにΣ(゚∀゚ノ)ノキャー←こんな顔でしたよ。

でも、今やり直したらもうこの画面まで辿り着けないかもしれないこと、もしCatalinaが使い辛かったらダウングレードできることなどを考慮し、そのままOS Catalinaをインストールすることにしました。

ここで一旦電話を切り、インストールが終わるまで待つことに・・・。

なんか、待っても待ってもインストール終わらないんですけど!?

またカーネルパニック発生してるんですけど!?

それどころか、終了しないまま朝になっちゃったんですけど!?

途中で強制終了していいのか分からないし、おかげで一睡もできなかったわ。
堪りかねて、翌朝9時を待ちかねて、もう一度アップルサポートへ電話しました。

前日とは違うお兄さんに繋がり、『ここまで行ってその状況なら修理しかないんですけど、最後の手段としてOSを買った当初のものに戻せるか試してみましょう』と言われ指示に従いました。

途中までは行くけど、やっぱり憎ったらしいカーネルパニックが出現。
ていうか、もう驚きもないですよね。完全に諦めモードだったので、さっさと修理の手続きに入ってほしかった^^;

どうもこうもならないので、電源を強制的に落とし、修理へ・・・・

6日後に修理から戻ってきたら・・・

前回、トラックパッドの不具合で2度修理に出したにも関わらず、症状が再現されなかったのか異常なしで戻ってきていました。

2度目は、トラックパッドに続きカーネルパニックを起こしたので、ロジックボードの交換という処置が取られていましたけど、今回も異常なしで戻ってくるんじゃないかと内心ビクビクしてたんですよね。

で、同封されていた診断書がこちら↓

前回に引き続きロジックボードを交換したみたいですが、驚いたのがその下。

そうなんです!やっと3度目にして、トラックパッドの異常に気付いてもらえたようで、キーボード、トラックパッド、バッテリーまで交換されていました(>ω<)

いや〜 ホント嬉しくて泣きそうでしたよ。(笑)

前回、2回修理に出したにも関わらず異常なしで戻ってきてたので、『もしかして自分が気にし過ぎなのかも』と思うようにしてたんです。

気にはなるけど、とにかく考えないようにしてたし、だから今回もサポートセンターに電話したとき、あえてトラックパッドについて言及しませんでしが、こうやって異常を発見して頂いて、『やっぱり気のせいじゃなかったんや!』って嬉しくなった。

どの部位が原因でこのような症状が発生していたのか分からないけど、キーボードやトラックパッドだけでなく、バッテリーまで新しいものに交換されているところを見れば、そこら辺に異常があったのかなー。

トラックパッドが押し込めないのは故障かも!

  1. Macを再起動する
  2. Mac OSやアプリが最新状態か確認
  3. もし不具合が発生する直前に入れたアプリがあるならアンインストールする
  4. Macに継ががっている機器類をすべて取り外す
  5. セーフモードで起動
  6. SMCクリアを行う
  7. PRAMリセットを行う
  8. OSの再インストール
  9. バックアップを取ったあと初期化

↑の対処法を行ってみても、トラックパッドの状態に変化がないようなら、故障している可能性大だと思います。

修理に出してもその場で症状が再現されなかったら、異常なしとして戻ってくるので、ある意味運次第なのかなー^^;

3度目にして、ようやくトラックパッドの不具合から開放されたわけですが、カーネルパニックが収まったことよりも嬉しいかも(笑)

ちなみに現在ですが、トラックパッドはクリックではなく軽くタッチする使い方に変更しました。

また押せなくなるのが怖いし、軽くタッチするほうがなんとなく負担が少ないように感じるので。

まとめ

今回は、カーネルパニックよりもトラックパッドの不具合が直ったことを報告したくてブログにしました!

ぶっちゃけ、トラックパッド押し込めなくても全然使えてたけど、押せてたものが押せなくなるってやっぱり気になるし、他の部位の故障につながる可能性もあると思うので、早めに対処したいですよね。

今回、改めて思ったのがAppleCareの大切さ。

これ、保険に入ってなかったら修理代に泣かされてたわ絶対(笑)

しばらくは、故障しないことを願うばかりですが・・・^^;

最後までお読みいただき、ありがとうございました。