【WordPress】google XML sitemaps の設定からサーチコンソールの登録まで




新しいブログを立ち上げたあと、やらなければいけないことや重要な設定ってたくさんありますよね。

その中のひとつ、サイトマップの作成は検索エンジンロボットやユーザーに対し、『サイト内にこんな記事もありますよー』と知らせてくれるので、SEOの向上のためにも是非追加しておいたほうが良いとおもいます。

はにー
Google XML Sitemaps の設定からサーチコンソールへの登録までは、15分くらいできるので、よければ参考にしてくださいね♪


Google XML Sitemapsとは?

XML形式のサイトマップをWordpress のサイトやブログ向けに自動で作成したり、検索エンジンロボットに通知するプラグインです。

グーグルの検索エンジンにWebサイトの情報を正しくクローリングしてもらうには、XML形式のサイトマップを作成する必要があります。

WordPressをお使いなら、google XML sitemaps が簡単に設定できオススメです。

ちなみに、ユーザー向けのサイトマップ作成ならPS Auto Sitemapが簡単です。

【PS Auto Sitemapを使ってユーザー向けのサイトマップを作成する方法】

google XML sitemaps のインストールと設定手順

google XML インストール

① プラグインを追加から、キーワードに【google XML sitemaps】と入力し、目的のプラグインが出てきたら名前を確認して、【今すぐインストール】をクリックします。

 

google xml sitemaps 有効化

② インストールが終われば【有効化】をクリック。

 

ワードプレス設定

③ wordpressの管理画面から、【設定】→【XML Sitemap】をクリックします。

基本的な設定

XML sitemap設定

『基本的な設定』では、上の3つにチェックを入れます。

1番上が、サイトを更新したときにGoogle に知らせてくれます。

2番目が、同じくBingに知らせてくれます。

3番目が、クローラーにサイトマップの場所を正確に伝えることができます。

『HTML形式でのサイトマップを含める』という項目がありますが、こちらは1個目のブログを作った際にエラーが出たので、2個目のブログになる今回はあえてチェックを入れませんでした。

Additional Pages

XML sitemaps 設定

『Additional Pages』は特になにも変更しなくて大丈夫です!

投稿の優先順位

XML sitemap 設定

『投稿の優先順位』では、【優先順位を自動的に計算しない】にチェックを入れます。

ここにチェックをいれることで、あとで細かな設定をすることができます。

Sitemap コンテンツ

XML sitemap設定

『Sitemap コンテンツ』では、

  1. ホームページ
  2. 投稿(個別記事)を含める
  3. カテゴリーページを含める
  4. 最終更新時刻を含める

の4つにチェックをいれます。

重要なコンテンツにだけチェックを入れておけば、クローラーが他のページを見に行かないように設定できます。

Excluded Items

XML sitemaps 設定

『Excluded Items』は、特になにもしなくて大丈夫です。

Change Frequencies 更新頻度の設定

XML sitemaps 設定
  • ホームページ  →毎日
  • 投稿(個別記事)→毎週
  • 固定ページ   →毎月
  • カテゴリー別  →毎週
  • 今月のアーカイブ→毎月
  • 古いアーカイブ →毎年
  • タグページ   →更新なし
  • 投稿者ページ  →更新なし

わたしは、↑このように変更しました。

優先順位の設定(priority)

XML sitemap 設定

最も重要度が高い1.1
最も重要度が低い0.0

優先度が高いものに、0.8くらいを設定します。

重要度が低いものは0.0に設定しました。

ここまでで、Google XML Sitemaps の設定は終わりました!

おつかれさまでした\(^o^)/

一番下にある【設定を更新】を忘れずクリックしてくださいね。

次は、作成したサイトマップをサーチコンソールに登録していきます。

サイトマップをサーチコンソールに登録

サーチコンソール

①  サーチコンソールの画面から、【サイトマップ】をクリックします。

 

サイトマップ送信

② 【新しいサイトマップの追加】が出てくるので、自分のサイトマップURLを入力します。

サイトマップURLの確認は、ワードプレスの【設定】→【XML Sitemap】先ほど、いろいろ設定した画面の一番上の方に記載されています。

サイトマップURLを記入できたら、【送信】をクリックします。

 

サーチコンソール サイトマップ

【OK】を押します。

 

サーチコンソール サイトマップ

【サイトマップ インデックスは正常に処理されました】となりました。

 

サーチコンソール サイトマップ

もし、『取得できませんでした』となっていても大丈夫です。

 

サーチコンソール サイトマップ

時間を置いて確認すると、『成功しました』に変わります。

以上で、全ての設定が完了しました!!

まとめ

今回は、Google XML Sitemaps の設定と、サーチコンソールへの登録方法のご紹介でした。

ちょっと設定項目が多めですが、一回設定するとあとは自動で作成してくれるので、とても便利なプラグインだとおもいます。

こんな記事もあります!

【All in one SEO pack】のタイトル文字数が重複されるバグを修正してみた

【設置方法】ads.txt ファイルが含まれていないサイトがあります・エックスサーバーにファイルをアップロードしてみた

【Wordpress】Edit Author Slug を使って丸見えのユーザーIDを隠す方法

【Wordpress】迷惑なスパムメールをContact Form7設定で簡単に撃退する方法